しろまち堂~縁側~

しろまち堂、「倉庫」から「縁側」にブログ名変更しました(もひとつ前のブログ名「基本設定は“上機嫌でGo!”」です)。のんびりペースで、他のブログで書かないようなテキスト記事をちまちまと更新していくことでしょう。ゴンチチ記事や映画記事は『しろまち堂~音楽・映像館~』で、本の記事は『しろまち堂~本館』で更新予定です。あ!『しろまち堂~写真・旅行館~』もありまーす!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うへぇ(どこまで聞こえてるんだ…)

昔からよく言われていますが、私の声はよく通るそうです。

知ってますが…

今日は会社の飲み会でした。
年度の変わりなので謝恩会みたいな感じで
おっきなグループひとまとまりで、社員も派遣もいっしょ。

そこで今度いっしょに仕事をする方に言われました。
「電話の声、よく聞こえてますよ」

え?えーと、せき、離れてますよね?

会社のフロアには電話かけ用のブースというのがありまして
私はもっぱらそこを使います。
フロアの端っこで、人の声があまり聞こえないようになっています。

同じ列にはMac専用の席があって、そこに声が聞こえているのは知ってました。
が。

今日その話をしたのは
向こうの、その向こうの列の方。。。

ひとつおいて向こうまで、私の声って聞こえてるの…?

声だけだよね、話してるなーって思うくらいで、何いってるかまではわかるはずないよね。
と自分をごまかしていましたが
帰りの電車の中で
「聞こえてますよ」といった方よりもちょっとだけ遠い席の人は
私が今日かけた電話の内容まで知っていた…(汗)。

恥ずかしい事はいってない、けど
どこまで聞こえているんだろう
とか
いらんことが気になった今日の飲み会でありました。はふぅ。

スポンサーサイト
 [ 2007/03/28 00:34 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

mixiレビューの不便さ

先月読んだ本のレビューを書こうと思ったら
シリーズのレビューをまとめて書くことができないのを知った。
なんかちょっとショック。

1冊1冊について書くのではなく
シリーズ3冊についてまとめて書きたかったんだけどなー。

とりあえず
直木賞候補だったので、それについての文句だけでも書いておこうかな。(をいをい)


「一瞬の風になれ」佐藤多佳子

ここんとこ、お気に入りの本が直木賞とることが数回あったので
ほんというと、これもとってたら嬉しかったなーと思う。
でも、この本、主人公が十代だから直木賞には不利なんだよね。
児童書というかYAの棚においても違和感ないし。

いつもは直木賞の選考なんて読まないんだけど
該当なしってことで
どんなだったんだいと読んでみた。

佐藤多佳子評は
「もっと羨望だとか悔しさなんかのネガティブな感情がほしかった」
ってな感じのものが多かった。
スポーツで上をねらうなら、もっとドロドロした感情があってしかるべきだろう
というわけ。

は?
と首をかしげる。
それを入れたら、この本のレベルが上がると選者の人たちは
マジで思ってるのかしらん?
この本はスプリントを「かけっこ」と表現するオトコノコたちが中心の話だ。
そこんとこ、はきちがえてませんかねぇ?

主人公は淡白がウリってくらいの子。
とにかく淡々とトレーニングして
その量を苦にしないのが一番の特長。

男4人でナンパしようぜって誘われて
「そのメンバーなら走りたい」
って言っちゃうくらいのピュアくんなのだ。
色気がないのに、上昇志向やライバル意識だけはもっていてしかるべきなのか?
色と欲はつながる部分が大きいし、「ない」と「おさえる」は別物。

どうもねー
「年寄りが若いもののピュアさを妬ましがって文句つけてる」
ようにしか読めない評ばっかりで
頭痛くなりましたよ。

このシリーズ自体は
佐藤多佳子のテーマである
才能(=Gift・賜物)を陸上(=かけっこ)で表わした作品。
語り口が常に主人公でぶれがなく
たとえ親友でも、考えていることは語ること以上に表現されず
それが内容やキャラクターによりリアルさを与えている。
高校3年間の「部活」という特殊な場のきらめきを掴まえて結晶化させた青春小説の傑作である。

と、ワタシは思うんだけどね。
 [ 2007/03/19 22:49 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

トロピカ~ル


今日は、自分カスタマイズでアロマオイルを調合してもらいました。
できた香りが「南国行きた~い♪」的なトロピカルな香りで
自分の意識と香りは別物なのだなぁと変にカンシン。

で、もうこのアロマオイルを使ってリラックスしまくるのだー
と思ってふと入ったお店で目が離せなくなった布団カバー3点セット(写真)。
やすっちいアローハな感じ。これで寝たい!これで寝るのだ!
と即買いしてきました。

その後、美味しく楽しいお酒を飲んで遅い帰宅にもかかわらず
掛け布団と枕カバーをさっそく替えて。
アロマオイルもちょとぬって。

トロピカルでアローハにおやすみなさいです。ふふ。
 [ 2007/03/16 00:03 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

すごい久々に映画を見てきました

「パフューム」です。
試写会応募して外れて、それでも諦めきれなかったので。
なんつっても原作にのめりこんで私にしては珍しくあちこちにすすめていましたから。
こんなに時間がたってから映画化されるとは思ってなかったけど。

で、ネタバレにならない程度のさらっとした感想です。

内容も分量もたっぷりなこの作品を2時間にまとめるため
思い切りのいいカットされ方でした。
原作、全体的にこてこての耽美なのですが
映画はさらっと本当に「流し」たところとコテコテのところのメリハリがいいです。
んで、コテコテしたところはものすごいコッテリぶり。

原作を入れ込んで読んでた私は内心2箇所ほどつっこみましたが
読んでない人には気にならないレベルでしょう。

映像化としてはかなりの成功。
ただ、主人公がもっと…でもよかったけど、映画であんまり…なのもねーってことで、これも範囲内ですね。

読んでから見るよりは、見てから読んだ方がいいのかなー。
でも、先に見た人に「本かしますよー」っといったけど
反応は「ぜひすぐ!」ではなかったです。2人中2人なんだな、これが。

「私家版」とか、「パフューム」とか、コテコテのものが好きなのね、結局。
という自分に気付きました。
ちょっとディープに入り込んでみたいわ、と思う方にはオススメです。
 [ 2007/03/14 23:28 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)
日々のツイート
FC2カウンター
プロフィール

しろいまちこ

Author:しろいまちこ
本読みの食べるもの好き。
本で食事のシーンが美味しそうだと即買いになってしまいます。
作る方はかなーり大雑把ですが。

エコものにときどきはまります。
環境がどうこうというよりも、なんとなく身体にあう感じがするので。

2007.12.29
読書ブログ始めました。
ワタシノスキナコドモノ本
本紹介のみ!のブログですが、よろしかったらいらしてください♪

2008.03.21
車が変わります。今度は軽のセルボです。
マーチは車検が切れるため、車屋さんに渡しちゃったので
ハンドルネームもかえました。
(その後、以前のハンドルネームに戻しました。
あー、しっくりくるわ
しろいまちこ)

2013.2.6
プロフィールアイコン変えました。リロ&スティッチのリロ。
似てるらしいです。前から言われてます、最近も言われましたw

2015.10
プロフィールアイコンさらに変更。
切り絵作家の杉谷知子さんにオーダーして作っていただきました。

そしてこのブログは倉庫として機能中。
たまーに虫干しのように記事を更新することがあります。
ゆるっゆるのほぼ休止中ですが、よろしくどうぞでございます。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

グリムス
ハピタス
元「ドル箱」。提携ショップで買い物のときは、ここを経由するとキャッシュバックがあります(楽天やヤフオク対象なのがウレシイ♪)
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
楽天


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。