しろまち堂~縁側~

しろまち堂、「倉庫」から「縁側」にブログ名変更しました(もひとつ前のブログ名「基本設定は“上機嫌でGo!”」です)。のんびりペースで、他のブログで書かないようなテキスト記事をちまちまと更新していくことでしょう。ゴンチチ記事や映画記事は『しろまち堂~音楽・映像館~』で、本の記事は『しろまち堂~本館』で更新予定です。あ!『しろまち堂~写真・旅行館~』もありまーす!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ほぼ」ほぼ日手帳

タイトルは、Twitterの相互フォローさんからいただいた。
ありがとーございます♡

ほぼ日手帳を7年くらい使っていたのだけど
長年使っていれば、そりゃー少しは不満も出てくるってーもので。

日曜始まりがロフトで買えない
とか
通販にしたらジェットストリームを勝手につけられる
とかね。
いらないものをつけられても(しかも毎年!)困るのだよ…。
わたしはビニールカバー使う派だけど
使わないのに毎回ついてくるって人もいたなあ。
ほぼ日のこだわりなんだと思うけど
いる・いらないの選択くらいさせてくれろ★
外しても料金変わりませんよでいいからさ。

そこにもってきて、ここ数年
スプリングのカバーの発表にやたらもったいをつけるようになっていて。
いつも1月始まりで買うのに
スプリングのカバーのほうがダントツに好みだったりする。。。
前は1月の発表の時にスプリングのカバーも教えてくれてたよね?
後で好みのが出されるとカナシイのよ?
なので今年は去年のスプリングのカバーつけてますけどさw

あと、
オマケのページの内容が
近年どんどん楽しくなかったり…。

ホント、ひとつひとつはちょっとだけど
「ズレ」てるのだ。
この「ズレ」の感覚は
前はピッタリいってると思ってた
ほぼ日と自分との隙間なんだろーなー。
愚痴りながら使ってるよりも
この際だから、ちょっと距離を置いてみる?

ってことで、2014年は手帳を替えてみました。

といっても
実はほぼ日のカバーは買い置きがあるしw
1日1ページは譲れない!

ってーことで
「ESダイアリー」の文庫版サイズを中身にしました。
紙が厚くてアイボリーなのがお気に入り。
シールもぺたぺた貼ったりして
なかなか楽しく使えております♪

来年も引き続きESでいっか
なんて思っていたのに
どうも2月に出るスプリングに
メチャメチャ好みのがありそうで…

店頭に出る時期になったら、ロフトに行って確認してみます。
しばらく
「ほぼ」ほぼ日手帳、の時期が続くかも?
ですよw
スポンサーサイト
 [ 2014/01/31 23:59 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

体癖講座と眠りの話

先週、体癖の講座に参加してきた。
といっても、平日で仕事の都合もあったので、
講座自体は最後のほうを少しうかがえただけで
どちらかというと、食べ物タイムとお茶会への参加がメインだったようなw

その中で数回話が出てたのが
「二度寝はよくない、というか必要ない」
ってこと。
「個人によって最適睡眠時間は違うから、目が覚めた時に起きちゃっていいんです」
みたいな話だったと思う。うろ覚えだけど★

私は単細胞なので、こういうことを聞いたら直後だけでも…と試してみるタイプ。
さっそく翌日、いつもなら二度寝するところをサクッと起きてみた。
朝6時だったかな。

その日は朝のうちに眠気がさしたりしたんだけど寝ちゃうことはなくて
フツーに仕事をして、夜も同じペース。
休みの日の遅寝遅起きも変わらずw

しかし!
なんと今週に入って、以前より早い時間に気持ちよく目が覚めている!OH!

振り返ると、
先週あのお話を聞いて、翌日一回パッツリ起きたおかげで
自分の中にある
「睡眠は○時間くらいはとらないと。
(目が覚めたからって早起きするのは睡眠時間が減ってモッタイナイ)」
的な思い込みが取れたっぽい。

もともと夜中に目が覚めることがあまりない性質なので
寝入ると次に目覚めるのは朝方。
でも、たとえば1時に寝て6時に意識が戻ると
「まだ5時間しか寝てないから、もうちょっと寝なくちゃ」
みたいにアタマのどっかで考えて二度寝してたんだと思う。
そこの〈つかえ〉が取れたので
「目が覚めたか、じゃあ起きよう」ってすんなり起きられてるのかも。

結果。
夜にやってたブログ書きを朝に回せて
気分にゆとりができております。すごーい!

毎回しゃっきり早起き!とかじゃなく
意識が戻っても寝たい時は目を閉じたままってときもありますww
それでも
前よりも朝起きることに対しての抵抗がなくなってる。
ワタシ、自分で思ってたより睡眠に対しての時間的なこだわりがあったんだなー。

人とか体質によるだろうから
万人におススメとは思わないけど
眠りのタイプが〈細切れ睡眠〉じゃなく〈まとめて睡眠〉の人なら
1日2日睡眠時間が少なくなっても倒れることはないだろうし
試して見る価値あるかもよ~?と思いました。

教えてくださった先生に感謝しつつ
睡眠が崩れた時にまた試せるようにww
記録しておきま~す♪
 [ 2014/01/29 23:59 ]  かんさつ | TB(0) | コメント(0)

【CD】我流一筋

ハッと気づいたら、今月ゴンチチのブログ記事書いてない!そんなのダメー!
ってことでw
ドライブ時のマイ・フェイバリット・アルバムの紹介?記事など♡


内容(「CDジャーナル」データベースより)
評判の高かった前作『XO』の路線を継承した作りの本作は、“ポップで楽しいGONTITI”が堪能できるオリジナル・アルバムといえるだろう。数々のCMタイアップ曲も満載し、聴きどころが多く楽しい1枚。

どんだけ聴いてるかは書くの控えたほうがいいくらいヘビロテで聴いてますw

不思議なことに、このアルバムはランダム再生をほとんどしていません。
クルマではPCで焼いたコピーをかけるのですが、
それも他の曲を一切入れずに
アルバム曲オンリーにして、ぐるぐるぐるぐる延々と何周でも聴けます。
まさにエンドレス!
…同乗者がいないからこそできる技ですがw

そして
夏に延々と聴いていた『RED BOX』のように
曲ツイートしたいなーって思ってたんです。
アルバム共通の「しばり」があるほうが好みなので
何のしばりにしようかなーっと考えて
浮かんだのが「散歩しばり」でした。
まー、たいていは脳内散歩なんですが
実際にこんなふうに歩いていたこともあります。
虚実取り交ぜての散歩レビュー
この先も季節が変わるごとに、アルバム曲を聞きながらドライブしたり歩いたりしてると思います♪ 



 [ 2014/01/29 23:37 ]  ゴンチチ | TB(0) | コメント(0)

【本】ランドセル俳人の五・七・五

純粋に本の話、というわけにいかなそうなのでこちらで…


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
たった944gでこの世に生まれた男の子。入学と同時に受けた壮絶ないじめ。母は、不登校という選択をした。学校に行けなくても、俳句があるから僕は生きていける。不登校の少年凛君は、俳句をつくり始めたことでいじめに耐えた。春の陽に彼は輝く。

著者は小林凛さん(と、ご家族、関係者の方々)
出版社はブックマン社です。

 [ 2014/01/28 08:22 ]  | TB(0) | コメント(0)

【本】片目のオオカミ

コドモノ本ブログで先日
「ヤクーバとライオン1 勇気」
「ヤクーバとライオン2 信頼」
という本の紹介をしたときに思い出した本です。

児童文学に分類されるそうなのですが
少年が主人公であってもこれはコドモノ本ではなかろう、という独断で
こっちのブログで紹介することにしました。


出版社からのコメント
ある動物園に、片目のオオカミがいた。ある日、檻の前に一人の
黒人の少年がやって来る。オオカミはじっと少年を見た。しかし二つの目と片目
ではうまく視線が重ならない。やがて片方の見えない目から一滴の涙がにじみだ
した。すると少年は片方の目をつぶった。片目と片目のにらみ合いである。こう
してオオカミと少年はたがいの目を通して語り合うことになる。
その時、瞳の中からオオカミの生まれたアラスカの荒野と少年の故郷アフリカの
大地が浮かび上がってくる......。
人間に傷つけられ、生きる気力をも失っていたオオカミは、限りなく優し
い心の少年と出会い、再び生きる力を取り戻す。人間と動物との共生、未来への
希望をこめた、愛と友情の物語。

著者はダニエル・ペナック
出版社は白水社です。

ペナック作品はその昔

この本を読んで感銘を受け
すぐ後に読んだのが今回紹介する「片目のオオカミ」でした。
(他にも何冊か読んだはずなんですが忘れちゃってますねー★)

内容よりも雰囲気だけを憶えていたようで
ヤクーバとライオンと共通するものがあったはず…と再読。

そうだそうだそうだったと思いつつ
おそらく初読の時とは感想が違う。
ああ、時間がたったんだなあ…などとしみじみ。

以下、多少殴り書きのような乱暴さになるかもですが
紹介というよりも再読の感想になります。
(紹介文はAmazonのが詳しいからいいよねーと手抜き)
 [ 2014/01/20 23:18 ]  | TB(0) | コメント(0)

流星ひとつ



この本が出版されてよかったな、 というのが
読んだ直後の感想だ。

娘の宇多田ヒカルさんのために、
この本が出て、本当によかった。

家族のことって
知っているようで知らないことがほとんどだ。
親が子に自分の人生や内心を語ることって、どれくらいあるんだろう。
少なくとも、この本で語られているほど
飾り気なく、けれど詳しく語られることって
そうそうはないのじゃないかしらん。

身近な人が急に亡くなる。
そんなとき、思い出はきっといくらあっても足りない。
いったい自分は何を知っていたのだろうと悲しくなる時
この本があることが
若き日の藤圭子さんの内面に
たとえ断片でも、人のインタビュー越しにでも
触れられる、ということが
娘であるヒカルさんの心にある空洞を
少しでも埋めてくれるといいな、と思う。

わたしの母は私が幼いころに亡くなった。
娘として、自分の母の内面に触れることはできなかったけれど
このような本が出版されたことで
そして自分が読んだことで
直接ではなくても
欠けたどこかが少し埋まったような
そんな気になれた。
 [ 2014/01/14 23:59 ]  | TB(0) | コメント(0)

【本】産後クライシス

先日紹介したHONZで紹介されていた本です。
HONZでのレビューはこちらからどうぞ。

【送料無料】産後クライシス [ 内田明香 ]

【送料無料】産後クライシス [ 内田明香 ]
価格:819円(税込、送料込)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
赤ちゃんの誕生を機に愛し合っていた夫婦にひびが入ってしまうー幸せな面ばかり強調されがちな「出産」の裏に潜むリスクに光を当て、そのメカニズムから回避方法までを紹介。驚くべき男女の認識差や、危機を促進する日本社会の体質も明らかに。NHK総合「あさイチ」で大反響を呼んだ特集の書籍化!

著者は内田明香さん&坪井健人さん
出版社はポプラ社。ポプラ新書です。

HONZについてのわたしの紹介記事はこちらから読めますよ~。


 [ 2014/01/12 01:53 ]  | TB(0) | コメント(0)

【ライブレポ】新年ですが、去年行ったライブ話をまとめてアレコレと

あけおめことよろでございます。

手帳の話や参拝の話や
書き逃したことがいっぱいある気がするのですが
本ブログのほうが中心だとどうしてもね★
なーんて言い訳をしつつ日々を過ごしております。いかんいかん。

でもって
去年は参拝にも行った占いにも行った
のですが
なんたってライブやコンサートに行ったCD買ったな1年でございまして。
音楽面でエライ変化が大きかったので
行ったライブの話など
自分の備忘録としてチラ裏的にざっくり書こうと思います。

ちなみにたいていのライブのベースはゴンチチのおふたり、
もしくはラジオ番組『世界の快適音楽セレクション』がベースになっております^^


 [ 2014/01/03 15:21 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)
日々のツイート
FC2カウンター
プロフィール

しろいまちこ

Author:しろいまちこ
本読みの食べるもの好き。
本で食事のシーンが美味しそうだと即買いになってしまいます。
作る方はかなーり大雑把ですが。

エコものにときどきはまります。
環境がどうこうというよりも、なんとなく身体にあう感じがするので。

2007.12.29
読書ブログ始めました。
ワタシノスキナコドモノ本
本紹介のみ!のブログですが、よろしかったらいらしてください♪

2008.03.21
車が変わります。今度は軽のセルボです。
マーチは車検が切れるため、車屋さんに渡しちゃったので
ハンドルネームもかえました。
(その後、以前のハンドルネームに戻しました。
あー、しっくりくるわ
しろいまちこ)

2013.2.6
プロフィールアイコン変えました。リロ&スティッチのリロ。
似てるらしいです。前から言われてます、最近も言われましたw

2015.10
プロフィールアイコンさらに変更。
切り絵作家の杉谷知子さんにオーダーして作っていただきました。

そしてこのブログは倉庫として機能中。
たまーに虫干しのように記事を更新することがあります。
ゆるっゆるのほぼ休止中ですが、よろしくどうぞでございます。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

グリムス
ハピタス
元「ドル箱」。提携ショップで買い物のときは、ここを経由するとキャッシュバックがあります(楽天やヤフオク対象なのがウレシイ♪)
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
楽天


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。