しろまち堂~縁側~

しろまち堂、「倉庫」から「縁側」にブログ名変更しました(もひとつ前のブログ名「基本設定は“上機嫌でGo!”」です)。のんびりペースで、他のブログで書かないようなテキスト記事をちまちまと更新していくことでしょう。ゴンチチ記事や映画記事は『しろまち堂~音楽・映像館~』で、本の記事は『しろまち堂~本館』で更新予定です。あ!『しろまち堂~写真・旅行館~』もありまーす!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

という、はなし



わたしは吉田篤弘さんの作品が好きすぎると思う。
面白いステキ大好きー!と思っているのに
ちびちびとちょっとずつかじるようにしか読めない。
そして1冊読むとなんだかとっても満足してしまって
しばらく他の作品を読むこともできないのだ。
まったく、コスパがいい本と言うべきか悪い本と言うべきか悩ましい★

そこにもってきてこの作品ときたら
フジモトマサルさんとタッグを組んでいる。
「ダンスがすんだ」でムムッとうならせてくださった
夜のイメージを濃く感じるこのイラストレーターさんと組んで、
いったいどんな作品が?

読んでみると、文章と絵のフィッティングがつかず離れず。
ぴったりくっつくのではなく、向かい合って少し間をあけながら、
いっしょにステップを踏んでいる感じ。
あとがきを読み、絵が先行で文章が後追いと知り、なるほどな、と。
マッチしているものあり、影絵の隙間から白い光がのぞくかのように
微妙にずらした作品がありで
ちょっとした不安定感がときどき訪れるんだけど
その危なっかしさも魅力のひとつだったり。

そしてなによりもかによりも
絵がすべて読書している動物!
…ツボすぎる(嬉泣)

いろんなシチュエーションでいろんな動物たちが読書!
黒猫に始まって
羊だの、レッサーパンダだのペンギンだのトラだのが
みんなして本を読んでいる…。
薄暗い読書スペースのブタとか、五右衛門風呂の黒柴とか、好きすぎて悶絶☆

文章で言うと
「眠くない」のマッチングとか
「影の休日」のほんのり村上春樹風味とか
「読者への回復」の意外性もいいなあ。
「地上の教え」なんて、イラストとのマッチングを考えるより先に
文章にうっとりしてしまう。
ああ、読書ってステキなんだよね~って
ついついにんまりしてしまうのだ。

連載は2年間だったそう。掲載誌で読んでた人、毎月楽しみだったろうなー。
書籍はたぶん掲載時の良さを生かすべく
フルカラーでハードカバー。
小さいサイズで持ちやすく、ちょっとした時間にパラパラと読める。
そのくせココロのどっかにひっかかっちゃって
ふっと気になって読み直しちゃう
そんな24篇のちいさなストーリー。

フジモトさんから吉田さんへ
吉田さんから読者であるわたしたちへ
メッセージのバトンが渡される。
『あとはよろしく。』

という、はなし。
スポンサーサイト
 [ 2014/02/17 23:59 ]  | TB(0) | コメント(0)

【映画】ファイア by ルブタン

映画の日に観た映画紹介
これも昨年からずーとひっぱってたので
こんどこそ!の勢いだったのでした。

ファイア by ルブタン(←公式サイトにリンクしています)

銀座まで行きまして朝イチ上映を。
このセクシーな映画を朝イチでw

一応公式の動画を貼っておきますね。
ロングバージョンもあります。気になる方はYou tubeで検索どうぞ^^


チェック:高級シューズブランドとして有名な、クリスチャン・ルブタンが演出、デヴィッド・リンチが音楽を担当した“クレイジーホース・パリ”によるヌードショー「FIRE」を映像化したドキュメンタリー。さまざまなカルチャーに影響を与えるパリのヌードショーとシューズブランドがコラボレートし80日間限定で上演したショーにスポットを当て、ルブタンのきらびやかな靴で飾ったダンサーたちのパーフェクトな肉体とパフォーマンスにあらゆる角度から迫る。撮影は、『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』のスタッフが担当。細部まで芸術的で官能的な世界観に酔いしれることができる。
シネマ・トゥデイ



【映画】バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち

2月1日は映画を観に行ってきました。
映画の日が土曜ってめったにないのと
昨年から観たい観ようと思っていた映画がたまっていたので。

出不精のわたしにしては珍しく
朝イチから出かけ、ガンガンはしごして観てきました。
自分用のメモ兼ねて
あっちこっちのブログで紹介の予定です♪

まずはこちらを。


数々のミュージシャンを陰で支えてきたバックシンガーの、知られざる成功と挫折を描い­た珠玉の音楽ドキュメンタリー。多くのミュージシャンの楽曲に彩りを添える輝かしい才­能を持ち、実力がありながらもソロでは苦渋を味わうなど、バックシンガーとして生きる­彼女たちの波乱に満ちた人生に迫る。ダーレン・ラヴやメリー・クレイトンなどのシンガ­ーのほかミック・ジャガーらもインタビューに登場、デヴィッド・ボウイのリハーサル風­景など貴重なアーカイブも公開される。バックシンガーたちの迫力ある歌声と、彼女たち­が語る歌への情熱に心を揺さぶられる。
http://www.cinematoday.jp/movie/T0018264
配給: コムストック・グループ
http://center20.com
(C) 2013 Project B.S. LLC

Bunkamuraでの上映が終わり
いまは六本木と吉祥寺で観られるようです。
日々のツイート
FC2カウンター
プロフィール

しろいまちこ

Author:しろいまちこ
本読みの食べるもの好き。
本で食事のシーンが美味しそうだと即買いになってしまいます。
作る方はかなーり大雑把ですが。

エコものにときどきはまります。
環境がどうこうというよりも、なんとなく身体にあう感じがするので。

2007.12.29
読書ブログ始めました。
ワタシノスキナコドモノ本
本紹介のみ!のブログですが、よろしかったらいらしてください♪

2008.03.21
車が変わります。今度は軽のセルボです。
マーチは車検が切れるため、車屋さんに渡しちゃったので
ハンドルネームもかえました。
(その後、以前のハンドルネームに戻しました。
あー、しっくりくるわ
しろいまちこ)

2013.2.6
プロフィールアイコン変えました。リロ&スティッチのリロ。
似てるらしいです。前から言われてます、最近も言われましたw

2015.10
プロフィールアイコンさらに変更。
切り絵作家の杉谷知子さんにオーダーして作っていただきました。

そしてこのブログは倉庫として機能中。
たまーに虫干しのように記事を更新することがあります。
ゆるっゆるのほぼ休止中ですが、よろしくどうぞでございます。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

グリムス
ハピタス
元「ドル箱」。提携ショップで買い物のときは、ここを経由するとキャッシュバックがあります(楽天やヤフオク対象なのがウレシイ♪)
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
楽天


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。