タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


しろまち堂~縁側~


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

【本】茶柱倶楽部【コミック】

2012.10.19(23:58) 476

今読んでるのは2巻まで。たしか3巻くらいまで出てるはずでっす♪


なんで本ブログのほうに書かないかというと
まだ途中なのと
主人公の鈴が大人だということのほかに
鈴の運があまりにもよすぎるからですw

どれくらい運がいいかというと
「探し人に会いたいがために出かけた場所で買った宝くじが当たって
移動茶店用のクルマがオーダーできちゃう」
くらいでして
鈴母曰く
「歩けばお金を拾い
釣りをすれば入れ食い
テストのヤマは当たりまくり
部屋の中は懸賞 福引き 記念モノだらけ
あの子の行く先には茶柱が立つのよ!」


…う、うらやましすぎるので
コドモノ本で紹介なんかできるもんかぁ(笑)

【送料無料】茶柱倶楽部(1) [ 青木幸子 ]

【送料無料】茶柱倶楽部(1) [ 青木幸子 ]
価格:650円(税込、送料別)

 
【送料無料】茶柱倶楽部(2) [ 青木幸子 ]

【送料無料】茶柱倶楽部(2) [ 青木幸子 ]
価格:650円(税込、送料別)



内容紹介
老舗茶屋の娘・鈴は、人助けがきっかけで
かつてないほど素晴らしいお茶に出会う。
それを追い求めて、移動茶店「茶柱倶楽部」を営みながら、
お茶をくれた人を捜すことにした鈴。
行く先々では、お茶を介してさまざまな人との出会いが待っていたーー。
香り立つ本格派日本茶コミック、待望の第1巻!

著者は青木幸子さん
出版社は芳文社です。

日本茶って、実はわりと未知の領域。
紅茶とか中国茶とかを飲みたいな~っと思い
専門店に行くこともあれば
どんなお茶があるの?って調べもします。

好きなお茶に関しては
おいしい淹れ方を調べたりもします。



同じようにして日本茶を飲んだことって
ないんですよねぇ。これが。

このあたりの
こだわるひと、こだわらない人の差については
コミックス1巻の第四煎(四話目)に出てきますが
わかるわー、そうよねー
っとなっちゃいます★

お茶に関するうんちくがあって
最初の1巻は謎解き要素もあって
しかもおいしそうで上品。
日本茶、奥が深いのね~っと
楽しめつつ、なんか今度買ってみようかしらん?
と思うのは
こういうグルメコミックにはよくありますよね。
そんな方向けに
ストーリーで出てきたお茶を売っているところも情報であります。

なので
たとえば酔いざましはこんなお茶飲んでみるとさっぱりするのよ
なんてのを見て
まるっきり同じお茶を淹れてみる
というのも可能です。
個人的には焙じ茶うちで淹れてみたいわぁ♪

ストーリーの始まりの人探しは1巻で終わりまして
その後はまた別の展開の仕方になりますので
気になる方は1巻だけ読んでみるのもアリですね。
続きが気になる方はさらに続きを。

ワタシ?
もちろんこの後も読みますよん。
とりあえず、コミックスの3巻探しに行く予定で~す♪


スポンサーサイト

しろまち堂~縁側~


<<【本】仏像にインタビュー | ホームへ | イチジク、収穫しました♪>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://honnashijaiya.blog18.fc2.com/tb.php/476-864eb332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。