タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


しろまち堂~縁側~


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

【コミック】路地恋花

2013.03.27(08:14) 490

すごい久しぶりにゴンチチがらみじゃない記事ですよっと
(実はちょっと不本意wどうせならこのブログは今後ゴンチチ記事で埋め尽くしたいww
しかしこの内容は「あっち」ではない!とワタシの中のどっかが言うのにゃ★)

てことでコミックスのご紹介~~~


【送料無料】路地恋花(1) [ 麻生みこと ]

【送料無料】路地恋花(1) [ 麻生みこと ]
価格:590円(税込、送料込)


【送料無料】路地恋花(2) [ 麻生みこと ]

【送料無料】路地恋花(2) [ 麻生みこと ]
価格:590円(税込、送料込)


【送料無料】路地恋花(3) [ 麻生みこと ]

【送料無料】路地恋花(3) [ 麻生みこと ]
価格:600円(税込、送料込)


【送料無料】路地恋花(4) [ 麻生みこと ]

【送料無料】路地恋花(4) [ 麻生みこと ]
価格:600円(税込、送料込)


内容紹介
『そこをなんとか』『天然素材でいこう。』など、少女漫画界で快作を描き続けてきた麻生みことの最新恋愛連作登場!!
古都・京都の街外れ、職人や芸術家ばかりが集う長屋を舞台に、極上の恋物語が綴られます。読むと恋が成就します!!

上記の内容紹介にもありますが
著者は麻生みことさん
出版社は講談社です。

うん、ホントに京都っぽい!気分になりました。
京都住んだことないうえ、修学旅行+αくらいしか行ったことないのにねw



どうもこんな感じの職人さんが居並ぶ小路(作者あとがきによると路地ですね)
京都にホントにあるみたいですね。
いやマジか!?行ってみたいわぁ~♡

コミックに登場するアーティストさんたちは
(物語の順に)
手作り本工房
シルバーアクセサリー職人
画家
喫茶店
ろうそく職人
オーダー花屋
布小物屋
万華鏡作家
美容師
靴職人
大家さん
人形作家
時計職人
とまあ、さまざま。
(順番確認するのに読みふけっちゃいましたw)

アーティストさんたち、というとカッコイイですが
どうもたいていの人が「食べられているとしてもたぶんカツカツ」だそうで
そのあたり、リアルですわなぁw
(ようするに家賃のお高いところでは食べられるほど稼げなかろう、
お家賃おべんきょしたげましょ、という雰囲気がしております^^)

で、ここに住んでがんばっていますが
いずれは卒業しますよん、な人たちでもありまして。
長屋に住んでいる間のストーリー、なわけです。
あと、住人の人と関わる相手だったりね。

恋愛要素ももちろんですし
まーちょっとではありますが、オトナの恋愛シーンも出てきますので
「あっち」では紹介しない方がいいかな…と自主規制したのでした。
あと、行為はなくても痴人の愛っぽくなっちゃった?カップルもあったりして
全体的に恋愛が耽美っぽいので
それ含めて「こっち」でねと。

麻生さんって、ギャグはちゃんと入れつつも
わりと濃いめのストーリーの方なんですが
今回のこの路地恋花は
芸術の持っている色気&京都のはんなりしつつも
ちょいぽってりな感じが
キャラの恋愛とあいまって、さらに濃いい感じがします。
なんたって全編これ京都弁。伸ばしかたもルビもガッツリ京都。
そして、お人が「ああ、京都!」って感じw
好きな人はたまらんのではないでしょーかね^^

恋愛模様よりもワタシがはまったのは
何をかくそうお仕事内容!

本工房でガッツリ喰いつき
布工房屋でディープさにクラクラ☆
万華鏡作家の作品はコミックじゃなくリアルで見たい!と悶え
人形作家では想像つくわぁとニヤニヤ。

どっちでもいいからブログで紹介しよう!と思ったのは
上記アーティストさんたちの仕事ジャンルにもよります。
世の中こういうお仕事もあるのよん。そして実態はこんな面があったりもするのよん
という
裏面的な部分も含めて
なんていうか
仕事の枠的な考え方が自分は広がったので~


そうそう
それから、コミックス特典(?)の
やむおち(やむなく落としたエピソードだそうですw)
これサイコー♪
全体的にギャグテイストでたまにちょっとイタかったりするのがもう
たまりません!

全4巻で
大半の人が入れかわったところで物語終了。
現実はもっと続くんでしょうけど
1巻の最初で出てきた主人公キャラのお姉さんが卒業しはったので
いい区切りなんでしょうね。

なぜか2巻に入ってるプロローグとか
エピローグなんかも含めて
い~い感じにとろっと楽しめますので
もし掲載誌を読んでた方がいらしても
コミックスでぜひ!と
おすすめしちゃいま~す(^0^)/




スポンサーサイト

しろまち堂~縁側~


<<ゴンチチホロスコープ★チチ松村さんのホロスコープ書いてみる!(その3) | ホームへ | 【映画】シュガーマン 奇跡に愛された男 ※追記あり>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://honnashijaiya.blog18.fc2.com/tb.php/490-2152dc9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。