タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


しろまち堂~縁側~


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

【本】産後クライシス

2014.01.12(01:53) 518

先日紹介したHONZで紹介されていた本です。
HONZでのレビューはこちらからどうぞ。

【送料無料】産後クライシス [ 内田明香 ]

【送料無料】産後クライシス [ 内田明香 ]
価格:819円(税込、送料込)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
赤ちゃんの誕生を機に愛し合っていた夫婦にひびが入ってしまうー幸せな面ばかり強調されがちな「出産」の裏に潜むリスクに光を当て、そのメカニズムから回避方法までを紹介。驚くべき男女の認識差や、危機を促進する日本社会の体質も明らかに。NHK総合「あさイチ」で大反響を呼んだ特集の書籍化!

著者は内田明香さん&坪井健人さん
出版社はポプラ社。ポプラ新書です。

HONZについてのわたしの紹介記事はこちらから読めますよ~。



出産&育児の男女の感覚のズレについての話です。
大変整理された内容でわかりやすかったですね。
女性と男性がタッグを組んで紹介することで、
こっちのいい分と、あっちのいい分両方、
河でいうと両岸が見渡せるようになっています。

お互いに「なんで?」があるのは当然としても
その埋め方がわからないのはヤバい★

恋愛的な部分であれば↓のコミック

あたりが理論的に参考に部分あるかも?と思うのですが
妊娠・出産・育児となると
事態はそれよりもはるかに大きな区切りなわけです。
なんたって最低ひとり増えるわけですからね。
たいていのカップルは結婚しているでしょうけれど
そこに危機が訪れると
離婚の可能性も高く…。

昔は大丈夫でどうして今は離婚なのか?
なんてところも含めて
ふむふむなるほどそうかもねー

興味深く読みました。

とはいえ
わたしはヒトリモノw
予定もへったくれもありませんが
それでも面白く読めるのは
この本
対人関係スキルにも応用できそうだからです。

人間関係のもめごとって
何か問題点に対しての、相手との温度差がきっかけだったりします。
大事なことに対しての認識のズレがあまりにも大きいと
<話にならない>と思っちゃったり、しませんか?

もしくは片方がとってもデリケートになっていて
「触っただけでも痛い!」ってところに
痛くない人が当たって
「ごめんごめん、でも、ちょっとぶつかっただけじゃない、あやまったでしょ?」
とかね。
痛い側にすると「だけじゃないよ!」となって
それが繰り返されるとしこりもできるしこじれる可能性も高くなるってもので。

そのあたりの温度差とか痛みの差みたいなのを考えるきっかけに使えるかもな…と。

たとえば相手がなんだかカリカリしてるっぽい
と思ったら
この本みたいな言葉づかいをしていないか?
ってチェックしてみるの、アリだと思います。

もしかしてやっちゃった?と思ったら
会話の持っていきかたを読んで参考にしてみる、とかね。

新書だから読みやすいですしね。
既婚&結婚予定の方だと素直に読むのが正解と思いますが
ヒトリモノはこんなふうにナナメ読んだりもしてるのよ?ってことで
ご紹介記事でございました。
(こっそりひとりごと:
実はね、ちょっとね、HONZ本を紹介してみたかったのもあるんですけどね。ふふふ^^)


スポンサーサイト

しろまち堂~縁側~


<<流星ひとつ | ホームへ | 【ライブレポ】新年ですが、去年行ったライブ話をまとめてアレコレと>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://honnashijaiya.blog18.fc2.com/tb.php/518-aef8f349
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。