タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


しろまち堂~縁側~


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

【本】鳥の王さま

2014.07.28(01:58) 540

時間を忘れて見入ってしまいますよ…うっとり。
こんなに絵がうまいのって
どんな気分なんだろう…。

【送料無料】鳥の王さま [ ショーン・タン ]

【送料無料】鳥の王さま [ ショーン・タン ]
価格:1,944円(税込、送料込)

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
『ロスト・シング』でオスカーを獲得、『アライバル』で世界中の読者を魅了した作家の想像力の源泉を集めて贈る魅惑のスケッチブック。

著者はショーン・タン
出版社は河出書房新社です。



内容紹介の文章、『魅惑のスケッチブック』とは
なんて簡潔かつすべてをあらわす描写なのでしょうか。
もう、これだけでいいよ、ワタシがくだくだしく書く必要ないよ…とか思っちゃいますねw

ショーン・タン作品は本ブログのほうで2冊紹介しています。
でもって、今、アライバルのスケッチ作品集が出版されたのを読みたいなーと思っているのですが
その前にこっちの『鳥の王さま』を見ておこうかしらん?

気まぐれを起こしたのでした。
褒めてつかわします、思いついた自分w

あーもうあーもうあーもう
って感じで
言葉が出ません☆
ステキすぎ…。

スケッチですから
ほんのワンシーンだったり
粗いタッチだったりするわけですよ。
なのに
触れてみたくなる
なんともいえない線であり色であり世界でありまして。

この方の描く奇妙な生き物がめっちゃ好き!なので
断片的にいろんな奇妙物がたくさん見られるのは
大好物の満漢全席状態で大コーフン。テンションMAXまで跳ね上がります。

おっきい青いひとつ目の「町内見回り」ちゃんとか
「太極拳の達人」のちいさいおじさんとか
たまりません!
「若き日の画家の肖像」は
見た瞬間
『これ、自画像ですよね、そうですよね?』と
ショーンさんに詰め寄りたくなりましたよ、ホントに。
だってだって奇妙な生き物をぞろぞろ後ろにひきつれて
これから描くであろう世界のもと、パレットを持って歩いている男性。
彼そのものじゃありませんか!!

ショーンさん、アルバム・ジャケットとか描かないかなあ。
クリンペライ(KLIMPEREI )のジャケットとか、非常にマッチしそうな気がしますよ。
あと、「白熊と魔神」のスケッチを見た時は
『ライラの冒険』シリーズの表紙絵をショーンさんで見てみたい!とも思いましたね~。

あそこがステキ、ココが好き、あれはどうかなこんなのは?

書きだすとキリがないくらい
感想妄想大暴走です。

たくさんの作品を掲載しているからか
本の版型はいわゆる普通のハードカバータイプで
それほど大きくないのですが
例えば原画展の図録みたいに大きめサイズでも素敵な出来栄えになったんじゃないかしら。
あ、でもそうするとお値段が跳ね上がっちゃうかな?
サイズ違いで2種類あったら見比べたいなーw 

各章のはじめにある、ご自身の紹介文をニマニマと読み
巻末の掲載イラスト解説と合わせながら
あちこちページをめくり
止まらない妄想を繰り広げるのが楽しくて仕方ないです。
ふと気づいたら、ノンブルがショーンさんの手描きだったりして、もうね、さらにテンションが…w

キリがないほど何度でも繰り返し読めそう。
暑い時期でもそうじゃなくても
手にとってボーっと見てるうちに
別世界に飛んでいく可能性が高いので
少ぅしだけ、注意しながら楽しみましょうね♪


スポンサーサイト

しろまち堂~縁側~


<<【映画】くらげとあの娘 | ホームへ | 【本】クラスメイツ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://honnashijaiya.blog18.fc2.com/tb.php/540-1b10054e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。