FC2ブログ

タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


しろまち堂~縁側~


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

【映画】くらげとあの娘

2014.08.17(00:17) 541

映画ですけどねー。
なんで観に行ったかって
そりゃーゴンチチが音楽担当だったからでw
なのでカテゴリがゴンチチなのです。ふふふ。 


チェック:人気アコースティックギターデュオ、ゴンチチのチチ松村のエッセー「私はクラゲになりたい」を原案にしたラブストーリー。クラゲの展示種類数が世界一の山形県鶴岡市立加茂水族館を舞台に、そこで働く男性と謎めいた女性が織り成す恋の行方を見つめていく。監督は『あまっちょろいラブソング』などの宮田宗吉。『遺体 明日への十日間』などの宮平安春、『非・バランス』などの派谷恵美が、主人公の男女を好演する。ハートウオーミングなストーリーもさることながら、次々と映し出されるくらげの姿にも癒やされる。

ストーリー:クラゲの展示種類数が、世界で最も多いとギネス認定されている山形県鶴岡市立加茂水族館。そこでくらげの飼育員として勤務する浩平(宮平安春)は、くらげになりたいという思いを抱えながらぼんやりと日々を過ごしていた。そんなある日、彼は海に花束を投下し祈っている女性・有希(派谷恵美)と出会う。彼女と知り合って心を通わせ、個性あふれる同僚たちと触れ合う中で、何ごとにも執着しないで生きてきた浩平の心境と運命が変わっていき……。




この映画ねー、上映館少ないんですよ★
しかもなぜか午前に1回しか上映していただけなくてですね。
がんばったんですが映画のアタマ何分か遅れて入場しましたと最初に書いておきます。
映画館行くのに迷っちゃったんだよう…しくしく。

というわけで、行ってみるとすでにストーリーが進行していまして。
主人公ふたりの出会いの場面を見逃していましたw
なので
メインで見ているのは水族館のお仕事だったりww

やーでも
バックヤードや仕事の様子なんて見るチャンスないので
面白かったですよう♪
ストーリーと絡んでのお仕事裏情報みたいな感じ。
うっすら入る日常の音がなんか好きでした。

雰囲気的に、全体のトーンが
なんかこう、曇り空が続いているようなぽやんとした感じなんですが
これがクラゲのイメージなのかしら?
主役の浩平(宮平安春)くんが、パキッとした顔立ちなのに妙~に引っ込み思案で
(あ、ちゃんと理由がありまして、それはストーリーの最後のほうでわかるようになっています)
見た目とのギャップに「あれ?」って思いながら見てました。
でも
あのストーリーでいかにもジミーな草食っぽい男子だと
華がなくて暗くて重くなっちゃうから
彼がいいってことなのかな?

有希(派谷恵美)ちゃんもずっと淋しそうな表情ですが
だんだん浩平くんに対して気が緩んでくると、気の強いとこが出てくるのがよかったですねー。
いきなり涙がボロ!みたいな場面が数回ありましたが
あれは共感できる女性とできない女性に分かれそうだ。
ちなみにわたしは共感できないタイプ。
相手との距離感にもよるけど、よっぽど近くないとこらえます。うん。


このふたりの距離感も
クラゲが流れるみたいにふわふわしてるんですよね。
主に浩平くんがヘタレなんですけどw
どうなるんかなー
と思いながら観ていたら
最後の決着がアレで、失礼ですが笑ってしまいました。

ふたりの恋心に合わせて
場面場面でゴンチチさんの音楽が入るんですが
これはもうテッパンの素敵さ
でございます♡いやマジで。

最後のほうのいい場面でですね
音楽が流れ、ふたりの様子ではなく、
クラゲが大きく美しく映されているシーンがありまして。
ここは魅せましたねー。
ヘタに人を映すより雰囲気があって素敵な描写になっていて
なにより画面と音楽のマッチングが素晴らしくて。
あの場面、切り取って持って帰りたい!と真剣に考えちゃいました。

その後の展開がいきなり変わらず
相変わらずヘタレっぽいのが妙に味わい深いというか
らしいというかw
映画が終わって、エンドロールが終わって
プロローグ的な場面がまた出てくるんですが
そこですらまだ決着がつかなくて
思わず苦笑しちゃいました。

そっかー
最後のトークショーで「結局あの後ってどうなったんでしょう?」って質問すればよかったかしらw

映画が終わった後ね
監督さんと主演のおふたりがいらして
舞台あいさつなさったんですよ。
ちゃんとチェックしてなかったので驚きました。
(そして音楽のおふたりがいらしたらいいのにー、とか、とか、とか・・・つい・・・w)

写真撮影OKみたいで、他の方がしていらしたので
わたしも無音カメラのアプリを起動してパチリ。
今日はサイトとPCの接続がよくないのかUPできないので
後日あらためてUPしまーす。
(写真掲載に関しては、監督さんにお話してOKいただいてます)
時間に遅れて遅刻だったおかげで一番前の席。
こんなこともあるのねー。

役と素の自分の間の話とか
オーディションの時のエピソードなど
裏話が聞けて面白かったです。

東京(新宿)での上映は22日までで
17日(日)も舞台あいさつあるみたいなので
映画を気になっている方が
もし、UPされてすぐにこの記事を読んだなら
見に行くことをおススメいたしまーす!

スポンサーサイト

しろまち堂~縁側~


<<【本】チャリング・クロス街84番地―書物を愛する人のための本 | ホームへ | 【本】鳥の王さま>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://honnashijaiya.blog18.fc2.com/tb.php/541-7d48a174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。