タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


しろまち堂~縁側~


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

しずかに!ここはどうぶつのとしょかんです

2014.10.22(23:59) 580



先日、Twitterでとあるツイ友さんの
「幸せそうなものやひとを見て和む場合とイラっとする場合とどう違うのだろう。」
というツイートを見て、
『イラッとくるのは「ほしいけど手に入れられない(もしくは手に入れられなかった)もの」を思い出すからだよ』
と反射的に出てきました。
(要するに、その幸せが
うらやましいとか妬ましいとかいう感情を呼び起こすか否か、
なんだと思います)

そして同時に、最近読んでスッキリしなかったこの絵本のことを思い出したのです。

ドン・フリーマンの絵本はいつもかわいいねえ、って思っているの。ホントに。
なのにわたし、モヤっとしていて。
どこに引っかかっているのか、どう引っかかっているのかわからなくて、本ブログに書けなかったんですね★

絵本自体は子供らしい可愛らしさにあふれた作品なんです。
空想をはじめて、その空想にのめりこんで、つい口に出てしまう。
恥ずかしいけど、それはそれ。本を借りておうちに帰りましょ♪
って作品。

なにもおかしい所なんてないじゃない?
どうして?どこが?自分とリンクするところは?

絵本だけではわからなかった、というか、忘れていたんです。まるっきり。
うちの実家が客商売をしていたから、
こういうコドモの突拍子もない声出しや行動に対して
全然寛容じゃなかったことを。

可愛がってもらえなかったわけじゃなく、むしろ甘やかされた末っ子でしたが
お客さんがいるときとそうでないときの温度差はかなりありました。
商売をやっていれば当たり前なんですけどね。

でも、こうやって思い出すと、
「どんな時でも丸ごと全部受け入れてもらえなかった」感は、まだ残っているみたい。

甘えただから余計にそう思うのかも、ですね。

書くことで手放す…まではいかなくても
薄めることができるといいなーと思い、書いてみました。

絵本で自分の心理を確かめられること、けっこうあるかもなー、と、最近思います。
イイ作品のはずなのに、なぜ自分は好きになれないんだろう?って感じたら、過去をふりかえってみると、わたしみたいな思い出が出てくること、あるかも?
絵本に限らず、小説やドラマでも。
もしかしたら…だけど。

くろいまちこのチラ裏話として読み捨てていただけましたら幸いです。
スポンサーサイト


しろまち堂~縁側~


<<【ライブレポ】ゴンチチW還暦フェスティバル@大阪に行ってきました♪(そのに) | ホームへ | 魔女の血をひく娘>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://honnashijaiya.blog18.fc2.com/tb.php/580-64744fd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。