FC2ブログ

タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


しろまち堂~縁側~


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

死んじゃうっていうこと・生きてるっていうこと

2015.04.23(23:59) 585

振り返ってみたら5年くらい前、ブログで『メメント・モリなはなし』という題で短い文章を書いたことがあった。

いつもふらふらとしたことを考えているけど
死に関することっていうのは、なんとなく書きとめておきたくなるのかもしれない。
最近考えているのもそんな感じ。


「死んじゃうっていうのは、自分で自分の上書き保存ができなくなることなんだなー」
って、ふっと思いついて。


上書き保存てw とちょっと笑いつつも
自分の人生に起きた出来事に対して、反応したり考えたりして行動をして
それがまた次の出来事につながったりするわけだもんね。
どこに区切りがあるのか、どうやっているのかわからないけれど
人生って上書き保存しながら自分のデータを重ねていくこと、いうのは
あながちヘンな考えでもないかもな…と。

生きてる間は自分で考えて決めて「こうしよう」ってできる。
自動更新にしろ、手動更新にしろ、人生の『上書き保存』がされてるわけだ。

死んじゃうと…
今の人生での出来事はこれ以上更新できなくなるんだよね。
少なくとも、この肉体を使ってなにかしら行為すること、ってーのはできなくなっちゃうよね。

じゃあ自分の存在、死んじゃったら何もかもすべて終わりか?っていうと
そうとも思えない。

家族がいれば家族の中に(否応なく遺伝子として)
友達や知り合いの中に(会話やいっしょの思い出などを通して)
なにがしかの発信をしていれば、それを受けた人が(たとえ知らない人であっても)その中に
「存在の欠片」が残っていて
それが『上書き保存』的な役割を果たすことが、もしかしたらだけどあるかもしれない。


だからまあ、
「死んだら終わりなんだー」って嘆くだけでなく
生きてる間は自分にも人にもよろしいようにして
死んじゃっても大好きな人のことはいっぱい思い出したり、
機会があったら喋ったりするといいんじゃないかなと思ってるのね。

そんでもって
もしかしたら
死んだ後に亡くなった大事な友達と会えるチャンスがあるかもしれない!

共通の友だちとのいい話のネタはいっぱいストックしたいなと思ってる。
会えないとしても、いいネタなら自分の思い出になるし。

イヤなことも、もしかしたら死んだあとで懐かしくなるかもしれない。
辛いの苦いの酸っぱいのしょっぱいの、ぜーんぶスパイスっぽく感じる可能性だってあるよね。

しんどーい!と思ったら(余裕がある時は)
「スパイス、スパイス」っておまじないを唱えていけるといいなー、と、ほよよんと考えております。
(余裕がないときの対処法は、この後に上書きするまでの宿題ってーことで)
スポンサーサイト


しろまち堂~縁側~


<<スマホは持ち主に似る…のか? | ホームへ | KING(キング)の頬をはりとばせ!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://honnashijaiya.blog18.fc2.com/tb.php/585-a197b782
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。