タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


しろまち堂~縁側~


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

文章を書くということ・その1

2015.10.22(07:47) 586

7月に、ブログ文章の講座をしましてね。
そのときはワーク中心で、こんなふうにするとブログって書きやすくなるよ、みたいなことを参加者様といっしょにしました。

そのワーク前に、自分が文章を書いて残すことに関してのお話もちょっとしまして。
それって、講座のお話をいただくまでぼんやりとしか考えてなかった内容で、しかも講座後も考え続けているので
このあたりでちょっと書き出してみようかなー、と思った次第。
一部、講座テキストの下書きをもとにします。2回くらいでかけると思うんですが、念のため「その1」で(笑)。どうなるかしらん?





文章化することは、自分の思考を「言語化して、文字という形にあらわす」ことです。
夢枕獏さんの『陰陽師』でいうところの「名づけの”呪”」みたいなもんですな。固定化させちゃうのね。
もしくは脳内にあるもやもやした雲のような考えを雨粒にして降らせる、とか、そんなイメージ。

ノートに書く(アナログ)もよし。
ブログにして公開する(デジタル&オープン)もよし。
それは個人のご自由に…ってことですが、わたしはポジティブ系は公開、ネガティブ系は非公開(アナログもしくはデジタル&クローズ)にしています。

最初はなんとなくだったんですが(見栄っ張りのええかっこしいというのも多分にありますw)、先日こんなツイートを見つけまして。

(ちゃんと貼れるかな?)

F太 (@fta7)さんが2015年10月19日 - 9:37amにツイート:
しょっちゅう思い出すこと、考えることこそが今の自分の性格を形作っている。これを心理学用語で利用可能性ヒューリスティックという。つまり、できるだけ自分について思い出すことは「良いこと」が多いほうがいい。だからこそ、「今日の良かったこと」を日記に残すことには実際的な効果がある。



なるほどなるほど、と、思い出した次第。

このF太さんという方のツイートは理論的な話ですね。わたしにも実体験があるので、それも合わせてちょっと書いておきましょう。


かーなーり!昔に、ノートに日記を書いていた時期があるんです。
けっこう続けていました。なので1冊じゃなくて何冊もあって。
引越しするときの荷物整理で、これはいい加減に捨ててもよかろうか…と、読み直してみたんですね。
…うっわー!見事に忘れてるわwww

最初の会社に勤めてた頃。まーなんというか、職場に女性2人で、めっちゃソリが合わなくて、向こうが先輩だったのでね…けっこうあからさまにね…いろいろね…ということがありまして。
その他にも、わたしが若くて許容範囲が狭かったり、パワーが有り余っていたり、それなりにあったわけですよ。
で、それをあーだのこーだの色々書いているわけです。
ところが。
当時の日記を読み直すと…7~8割、忘れてますwww 
日記内ですごーく怒ってたり悲しんでたりするの。でも、今のわたしはその時の感情どころか、出来事すら忘れている有様ですw 

なるほどー、「いいことって忘れちゃう」と思ってたけど
ヤなことや悪いことも同じくらい忘れちゃうんだなー。
だったら、思いだすのはいい事にしておいて、読み直したときにイイ気持ちになれる方がゼッタイにいいよねー。



自分の姿勢を改めて「いいじゃん」と見直す結果になりました。



手前味噌かもですけどね。
でも、ブログって記録するわけなので、読み直す確率が一番高いのは自分だしね。
書いている時もだし、あとで「記憶を手繰る」時とかに読んだりするし。
(しません?わたしはします。「アレいつだっけ?」が多いのw)
ってことは、わざわざいやな気分になることを公開して読まなくてもいいよねーっと。

そういうことがあって、公開して書き記すのは、綺麗事じゃなくていいけど、良かったことにしておこう…と、改めて思った次第なのでした。
(ただ、人目を気にして書くのはやっぱり好きじゃないので、FBじゃなく自分のブログにしております。こっちのが見に来る人少ないと思うww)

んーと、まだ書きたりないんですが、別記事のがよさそう。
ということで、ちょっと(?)長いけど、後日に続きます!
スポンサーサイト


しろまち堂~縁側~


<<文章を書くということ・その2 | ホームへ | 「願い事を叶える不思議なリスト」というのが流行っているんだね>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://honnashijaiya.blog18.fc2.com/tb.php/586-421a26a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。